少し視点をずらすだけで斬新なブログ(その他事例有り)になる!?

多くの人の注目を集める方法として専門領域をずらすとゆうのがあります。もっといえば誰も真似できないことをやる。

ブログに限らず実店舗型でも同じだとは思いますが、例えば「餃子の王将」とか。

実際店舗に行ってみると、メニューなどは普通のラーメン屋と変わらない印象ですが、本来サイドメニュー的な扱いをされる餃子をトップに掲げて他と差別化を図っているのでしょうね。私は餃子をわざわざ食べに行くほどではないと思いましたが。。。

ブログなら例えば女装をする人が脱毛機器をレビューするというのがあって、女性ではなく男性が脱毛して効果があるものなら女性なら確実に効果ありそうな感じするじゃないですか?

脱毛するのははどちらかというと女性の方が多いと思うのですが、それを男性がやり、さらに女装をする男性ですから。なかなか真似できないと思いますよね。

歌番組でもHEY! HEY! HEY! というのがありましたよね? あれはお笑いと音楽番組を融合させて大人気番組になりました。ダウンタウンの二人の絶妙なトークで引き出すアーティストの素顔が垣間見れるところが良かったし、歌よりそっちがメインだったような気がします。

これも単なる歌番組ではなく、お笑いにシフトしてますよね? 他にはない要素を持ってる(ずらしてる)わけです。

ヒットするものはだいたいこの”今まであったけど、今までになかった要素を持っている”構図の印象がありますね。

書きながら思い出したけど、大ヒットしたアニメ作品で「黒子のバスケ」というのがあります。バスケに限らず、だいたいスポーツアニメって存在感のあるヒーロー的な存在がクローズアップして描かれるのですが、これはあえて存在感の薄い選手をメインに置いています。

しかし、影が薄いのに有力選手から一目置かれている選手という設定なので見る側としては興味をそそられるというわけ。「ん? どういうこと?」みたいに。

これも既存のポーツアニメの常識を壊して(ずらしてる)ますよね? それをメイン(タイトル)にするところが新しいわけです。

これはネットでも、30歳までニートでも5,000万稼げた!みたいなやつあるじゃなですか? え?どうやったの? みたいな。興味を引くには意外性(常識を破る)ことがとても有効ないい例ですよね。

今までにない全く新しいものを作るのははっきり行ってかなり困難だと思うのですが、こういった”ちょっとずらす”といったものはある意味誰でもできそうですよね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る