[戦わずにして勝つ!! ]「金持ち喧嘩せず」の本当に意味とは? 

金持ち喧嘩せず

という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

この言葉はいろんな解釈があって、ケンカをする暇があるなら稼ぐことを考えるから。とかケンカをすると損をするからやらないなど、いまいち抽象的な解釈が多いんですよね。

最近ビジネスを学んでいて、ふとこの言葉の真の意味はこれじゃないだろうか? と思うことがあったので書こうと思います。

戦わずにして勝つ。というセリフを聞いたことがあるでしょうか?

割とネット系の商材で見かける表現かなと思うのですが、これをビジネスに置き換えると、

誰もいないところで勝負する。

という意味になると私は考えています。

どういうことかというと、例えば昔、宇多田ヒカルさんがデビューして大ヒットした時に彼女と似たような二番煎じなアーティストがたくさん出現しました。

彼女の曲、私の曲みたい。。。と本人が言い出す始末。ダウンタウンの浜ちゃんがこの件であるアーティストに謝ったエピソードもありました。

宇多田ヒカルさんの歌唱法は本格的なR&Bで当時はあまりそういう歌手はいませんでしたよね。それが売れたもんだからお金になるとふんだ業界が似たようなフォロワーを売り出したわけです。

車業界でも、自動ブレーキが売りのスバルの「アイサイト」という運転支援システムがあります。2012年頃はまだそんなに普及していなかったのに、それから4、5年後一気に各社が参入して、最近ではほとんどどの車にも似たようなものが付いています。

あれも売れるとわかったから、それに乗っかる形で各社が参入してきたわけです。というよりやらないと取り残されると思ったのかもしれませんが。

企業ってリスクを取りたがりません。売れるかどうかわからないものにあまりお金をかけたくないんです。大企業ならまだ資金力があるからマシかもしれないけど、中小零細ではさらに決断が難しいのではないでしょうか?

なので売れると確信したものに参入しがちなんでしょう。ただそれだといずれ市場は飽和してどれも皆一緒な状態になったり、質の問題が出てきたりするのですが。

実際私が所属する会社もそれで失敗しています(苦笑)みんな失敗すると影で言っていたのに暴走しました。そして損失だけ残り、おまけに誰も責任を取っていません。全てうやむやに処理され、それどころか関係者は出世したりしてますからね。。。

脱線しました。

要は、競争相手がいないところでやれば一人勝ちできるということ。

それに新規性があればなおいい。

エンジンが静かです。とか燃費がいいです。とか室内が広いです。というのも確かに売りになるかもしれませんが、いまいちインパクト弱いと思いませんか?

それよりも、

  • え? 自動でブレーキ踏んでくれるの?
  • 走ったり、止まったり自動的に前の車について行くの?
  • 通行人を感知して危険を知らせてくれるんだ! ブレーキも自動的にかかるし!
  • 車線変更の時後ろから来る車がいれば危険を知らせてくれんだ!

といった新規性があるとインパクトがありますよね? 今は普通かもしれないけど、当時はかなりインパクトありましたよ。そんな車なかったから。

これらをネットビジネスに置き換えてみましょう。

まず師匠の加藤さんがおっしゃられてましたが、

需要があるが、物がないところで売ればなんでも売れる

例えば出来たばかりの頃のヤフオクとか。実際、加藤さんもゲーセンで取ってきた景品をヤフオクで出品して数百円が数千円になったと言われていました。なぜかというと買いたい人はいた(需要)が出品者(供給)が少なかったからです。

では現在これに当たるのがどこかというと、クラウドです。

あなたの周りの人に、電脳せどり、クラウドファンディング、ウェブマーケッター、アフィリエイトなどの話題をしたとしてわかる人ってどのくらいいますかね?

さらに知っていたとしても実際にやってる人ってどのくらいいますか?

ほぼ0なんじゃないでしょうか? (あくまで一般的な環境の場合)

にも関わらず稼いでいる人がたくさんいますよね?

例えば自分んでなんらかのサービスをネット上で申し込むだけで、報酬数万発生したりとか。(自己アフィリ)例えばクレジットカードを作ってもそのくらいもらえることはあります。

現実世界でアンケートに答えたってせいぜい粗品くらいではないですか? よくて図書券500円分くらいがいいところでしょう。

前にも書いたけど、数万の報酬を支払っても十分それ以上の収益があるということです。

日給でよくて1万円くらいもらうのがやっとという現実世界に対して、ネットで10分くらいで申し込むだけで1万円が発生する。。。逆に考えると今すごい景気がいいんですよネットは。

これってバブルですよね。。。ネットバブルですよコレ。。

これを例えばあなた独自のノウハウ販売と考えたらどうでしょうか?

あなた独自のノウハウですから価格の上限はないです。

相手が価値を感じてくれれば100万だって出してくれるでしょう。(卓球と古武術をミックスして独自のノウハウを構築してそのくらい取ってる方が実際いらっしゃいます。)

それに実際私も加藤さんのセミナーに120万出してますから。(まだ残債はあるけど^^;)

ちなみに加藤さんに今個人的にコンサル頼むと200万だそうです^^;

今セミナーもすごいことになっています。。。。ぜひその入り口の無料セミナーを皆さんにもみて欲しいですね。興味があればどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る