[パワハラ・いじめ] 頑張ってはいけない。無理せず逃げましょう。

パワハラで問題なのが、やってる本人がパワハラと思っていない。ということでしょう。これが一番厄介なんですよね、、、

うちの会社の例でいうと、とにかく自分が一番正しい。という考えがあるように感じます。

しかも、単なる思い込みでものを言ってるケースが多々あります。しかし、間違ったことを言っていると周りがわかっいても、怒鳴ったり、暴力でねじ伏せるので、皆反論することができません。

そうはいってもうちの親父もそういうところがあるんですよね^^; とにかくなぜかやたらいばるし、偉そうだし。そっくりです。

こういう人たちには共通点があって、幼稚な人が多いんですよね。いわゆるかまってちゃんです。

おそらく子供の頃から周りにちやほやされて生きてきたのでしょう。それが当たり前になっているので、自分がちやほやされないと我慢できないんでしょうね。

めんどくさっw (ノД`)

この手の人は何でもかんでも人にやらそうとします。ちょっと調べれば分かるようなことでも人に頼って、相手にしないと「こんな事もできないのか!!」など意味のわからない逆ギレをしたりします。

自分でやれよって言いたくなりますよね(苦笑)

己の無能さを人のせいにするのがまた特徴だったりもしますね。

ちなみに会社に言っても無駄ですね(笑)

というより、本来こういった問題は自分たちで解決すべき問題だと思うんですよ。

学校でいじめがあって、校長に文句を言っても解決しないのと同じです。

しかし、こうゆうことは解決するのが非常に難しいと思います。

いじめは、いじめる側の「八つ当たり」ですよね。何か不満があって、それを抵抗しない弱い人間に当たってるわけですよ。ウップンばらしです。

そういう考え方しかできない連中をどうやって変えろというのでしょう?

無理です。

確かに大人になって自分のしたことを後悔する例はあるでしょうが、他人の心に残した傷跡はそう簡単に癒えませんよ。

一生恥じるべきです。

結論として、こういう人たちとはなるべく関わらない。という方法しかないわけですが、どうしても無理な場合はフリーランスになるしかないのかな。と思います。

幸いこれからは雇われない生き方が主流になると言われていますし、「電脳せどり」(ネットビジネス)などの自宅でできるビジネスで稼ぐ人も増えてきています。

※過去記事

[初心者] 電脳せどりに興味を持ちました。

ブログでも電脳せどりでも「ビジネスってみんな同じなんだ。」と気づきました。

こういった働き方も視野に入れて行動していくことが、このような問題から逃げられる唯一の方法なのかもしれません。

会社や部署を変わってもそこにまた似たような人がいない保障などありませんし、実際どの職場でもそのような人は一定数いるようです。

最後に、頑張ってはいけません。

逃げるが勝ち。逃げることは恥ずかしいことではありません。自分に優しくね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る