[わかりやすく解説します] ダイレクトマーケティングっていったいなんなの?しかも次世代型

レイプ告白で話題になった伊藤詩織さんがインタビューで、「加害者の肩をもつ女性もいて驚いた。」と、語られていたのですが、それに対する彼女の見解が興味深かったのです。

彼女によると、「男社会で我慢を強いられる女性の気持ちもわかる。」という事だそうです。

確かにその問題は根深く、いまだに世の中にあると思います。

私の所属する会社でも、同じ高卒でも男性と女性では職種が違います。

能力的には変わらないか、むしろ女性の方ができるケースもあるだろうと思うのですが、昔からの慣習でしょうか? いまだに存在しますね。

そもそも給料体系が違いますからね。これは差別と言えると思いますが、昔からよくきく会社の言い分は、どうせ女性は結婚して辞めるから。ということのようです。

生涯独身の人はどうなるんだよ。と思ってしまいますが(笑)

出産の期間、休職するなどして仕事が出来ないから。という理由もあるかもしれません。

男性の育児休暇は認めらていても取得する人はあまり聞きませんからね。知り合いの人が1年間取得したのを聞いたくらいです。

やはり暗黙の了解というか。

会社で将来自分に不利益なことがあるんじゃないか。とか同僚が忙しくは働いているのを横目になんか悪い。と思ったりするのでしょうね。

その知り合いは大したものです(笑)。

しかし、女性の社会的地位がいまだに低いとはいっても実際の家庭を見てみると、尻に敷かれているのは大抵男性な気もしますけどね^^

面白いですよね。でもそれが唯一の救いかな〜って(笑)

起業の世界も男性起業家の方がまだまだ多いようです。女性は横ばいな感じですね。

中小企業庁調べ。

ところで、これらの調査によると女性起業家の特徴は「個人向けサービス等の暮らしを充実させる分野での事業展開が多いという特長がある。」とのことでです。

中小企業庁調べ。

この個人という部分に注目してもらいたいのですが、現在(これからも)はダイレクトマーケティングの時代と言われています。

要は、個人が直接個人にプロモーション(宣伝)をかけて何かしらのサービスを提供する時代ということ。

それにはブログメールによる販売がとても有利なのです。

あなたも自分の周りを見てわかると思いますが、みんなスマホはほぼ当たり前に使用してますよね?

ちょっとした空き時間でも常に見ている感じではないですか?

何を見ているのでしょう?

ホームページメールブログです。

そしてさらにコンテンツ提供はオンデマンドになってます。

つまりユーザーが見たいものだけを選択してみるようになった。ということですよね。YouTubeやニコニコ動画などがそうですよね。

そしてこれらは基本的に提供も無料で利用できます。

つまり、あなたはブログやホームページを作成してコンテンツ(動画含む)を発信し、リスト(メルアド)をとって、メールの中で何かしらのサービスを提供することができれば成功する。ということです。

しかもほぼタダでできるという。

ほぼと書いたのは実際にはドメインを取得したり、メール配信スタンドなどを利用するからですが、年間にして2〜3万くらいからできるので大した額ではないですよね? (ネット接続料は含まない計算)

これが次世代型という意味ですね。

では^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る