あなたのブログは大丈夫?知らないと誰にも読んでもらえない悲しい現実とは?

まず、あなたがブログを読む場合”なぜ”それを読みたいと思うのか?ということですね。

単なる暇つぶしというのもあるかもしれませんが、それにしても全く興味のないものは読まないでしょう。何か知りたいことがあっての情報収集か何かの問題解決をしたかったからかもしれません。

では、もっとさかのぼってあなたがここに来るのにどうやってきましたか?おそらく検索窓もしくはランキングサイトからではないでしょうか?その時入れたキーワード又は閲覧したカテゴリはなんですか?

それは検索なら”ブログの書き方のコツ”ランキングサイトのカテゴリなら”ネットビジネス起業”だったかもしれませんね。この文章のタイトルにもある。

タイトルは重要なのですが、ここではそれが言いたいのではなくて、

人はどうやってブログにたどり着くのだろうか?ということ。

SEOってなんか難しいよな~、、何か解りやすく説明しているサイトはないかな?

Google で「SEO  解りやすく 解説」 で検索してみるか、、、

ポチッと。。

え?46万件もあるの〜!?

(ざっとプレビューを見て)適当にブログを見てみる。

このブログいいな!図もいっぱい使ってあって読みやすいし、説明も平易で解りやすい!!よしお気に入りに入れよ♫

それから度々そのサイトを訪れる。(リピーターになる)

ファン化する。=あなたを信用する=あなたが紹介する商品を買ってくれる(かもしれない)

この時検索結果の12ページくらいしか人は見ないので、昔から言われてることですがトップ10位くらいに入らなければ見てもらえないのです。

この時キーワードが直球すぎ(ビッグキーワード=多くの人が思いつくキーワード)て競合相手に埋もれてしまったり、できたばっかりのブログだったりすると検索結果の上位に表示させるのが難しくアクセスがまったく来なかったりするので、ある程度の時間が必要だったりします。

検索数予想ツールというのがあるんですが、これを使うと大体どのくらい検索されているか調べることができます。


ビッグキーワード・・・例:ブログ(25万件

ミドルキーワード・・・例:ブログ 稼ぐ(745

スモールキーワード(ロングテールキーワード)・・・例:ブログ 稼ぐ 主婦(71

月間推定検索数 aramakijake.jp 調べ


より具体的に的を絞っていくイメージですね。

上の例はあくまで参考です。実際には隠れたお宝キーワードが存在する場合もあるようなので、しっかり勉強して深い知識を得ることが大切です。

昔からある考え方でロングテールSEOというのがあるんですが、一言で言うと、大人気商品でない商品の売り上げがそれを上回るようにコントロールすることで、Amazomなどがその手法を用いているようですが、長期的に見てアクセスを集められる手法なので個人でやるブログに向いていると言われています。

でも実際には参入しようとする業界を深く知らないと(より勉強、リサーチが必要)難しくて、上にあるような誰もがやるような検索方法のみでは結局埋もれてしまいます。

しかし、ブログはネット上に山ほどあるし、勉強しやすい環境かなと思います。教材がゴロゴロ転がっているようなものですから。

ただどのくらい売り上げているかは分かりませんので例えば、

A8.net アフィリエイトコンテスト2016

A8.net アフィリエイトコンテスト2015

といったようなコンテストで入賞しているブログをみてみるといいと思います。審査員のコメントも何気に重要なので読んだ方がいいですよ!

以前の私はこういったことを全く考えずに記事を書いていました。そりゃ誰も来ないわ(笑)失敗する人の典型ですね^^;

まとめ

(基本的には)検索されてないキーワードで書いても誰も来ない。タイトルや記事にキーワードを盛り込もう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る