今日からできる!あなたのブログ改善大作戦〜文章の膨らませ方〜

ブログを書く場合当然文章を書きますが、普段文章を書く機会がない場合いきなり長い文章を書くのはちょっと辛いかもしれませんね。しかし、やはり他人に見てもらえるブログを書くにはそれなりの文字数が必要です。私の知り合いのブログなんですが、

「うーん、今日は書くことがない。以上(笑)」とか「今日実家に帰った、転勤先にはもう戻りたくないな、、」

こんな感じの文章を毎日書いています。7年くらい(笑)これを読むのはおそらく家族や友人くらいでしょう。こういうのを「わたし生存ブログ」とか言ったりしますが、読むのは興味あるのは身近な人だけみたいな。初めは慣れるために書けることを書き続けた方がいいとは思いますが、その知り合いは単なる日記なのでいいけどブログで稼ぐのが目的ならずっとこれではいけません。

例えば何か商品を売る場合文章だけで(実際には動画も使うかもしれないけど)説得しようと思ったら読んだだけで「これ欲しい!」と思ってもらわないと買ってもらえないので文章力は当然必要なのです。なのでまずは文章の書き方を学んだ方がいいです。

で、やはり基本は5W1Hかなと。

What When Where Why Who + How

例えば、

”カレーを食べました。”

”食べました。”は動詞ですが、カレー(What)がこれに対応します。

でも、どこで誰と食べたんだろう?と言う疑問が生まれますよね?夏フェスかもしれないし、近所のお店かもしれない。又昼食なの?晩御飯なの?カレーフェスかもしれないし、インド料理屋で食べたのかもしれない。種類は何だろう?などいろいろ書き加えられる情報はあるわけです。

 When・・”昨日の夜”

Why・・”友人が誕生日だったので”

Where・・”友人の家で”

Who・・“友達5人が集まって”

How・・”みんなで違う種類のカレーを持ち寄って”

What・・”カレーを”食べた

自然な文章になるように並べ替えましたが、これで最低限の情報は揃いました。

もしこの話を聞いた後あなたならどんな疑問を持つでしょうか?

昨日の夜は大雪だったけど大丈夫だったの?とか誰の誕生日?どんなカレーがあったの?美味しかった?何時までやったの?ケーキは?そもそもなんでカレー!?

などいろいろ思いつきますよね?それを具体的に書いていけばどんどん字数は多くなりますよね?

この具体的に書くってことが字数を稼ぐ以外にもすごい重要で、例えばこの前ネットで”アフィリエイトのリダイレクト”について調べたのですが、それを行えばクリック率が上がります。とかSEOの評価が上がるとかASPで禁止されてるんじゃないか?とかそういった内容の説明はされているサイトはいっぱいあるのですが、そもそも私からしたら”アフィリエイトのリダイレクト”が何かわからないんですよね(笑)

それが何かがわかってる前提で書かれてるサイトが多いです。初心者にはちょっと厳しいですよね?そういうのは中級者向けですね。

それはそれでいいけど、初心者としてはもっと基本的な情報が必要です。

”アフィリエイトのリダイレクト”とは訪問者がサイトに貼り付けられたアフィリエイトリンクをクリックするとそのリンクに飛ぶ前に一瞬ASPのサイトを経由するので詳しい人だとそれがアフィリエイトリンクだとわかってしまいます。それは購入しないと言う選択に繋がるかもしれません。なのでそれがわからないようにコードを変換して内部リンクのように見せかけるのです。

そう書かれていればなるほど~となります。しかしこれでも「なぜ購入しないという選択になるの?」「内部リンクって??」などなどまだ人によっては説明が足らないのです。

逆に言えば具体的に書けば書くほど文字数は稼げると言うことです。どの辺の人を対象にするかでどこまで書くかは決まってくるとは思いますが、上のカレーのような話を書く場合、ネットは基本自分を知らない人がブログを読むことがほとんどなので、より具体的に書かないと伝わらないことは明白ですよね?

これでもう長い文章が書けないということはないと思いますがどうでしょうか?

ちなみにSEO的に長い文章は関係あるとかないとかの議論はありますが、セールスレターであまり短いものは見たことがありません。しっかり書いてあるものだと10万文字とかもありますよ。商品の魅力を読み手が納得するまで伝えようと思ったら当然文章量は多くなるのです。

だって当然ですよね?お金を払うのにわけのわからないものに例え1000円でも払わないでしょ?

自分が知ってることでも相手は知らないことを意識して文章を書こう!
なぜ?を解決する文章をどんどん書いていこう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る